身体のだるさ

みなさんこんにちは。

行徳整体院の大澤です。

「体がだるい」「疲れが取れない」

この季節に特に多いものです。

今回はその理由についてお話していきます。

 

だるさや疲れのきっかけは?

だるさ、疲れの原因として一番多くのウエイトを占めていると思われるのは

「体…筋肉の疲労」

です。

 

筋肉の疲労の蓄積の末、筋肉が萎縮します。

筋肉が萎縮すると血管が萎縮し、

疲労・痛みの成分を排出する機能を持つ血流が悪くなり、

ますます疲労がたまりやすくなります。

結果、悪循環のループに陥ります。

 

さて、この季節にはだるさを訴えて

来院される方が増えます。

 

蓄積した疲労が爆発するそのきっかけとして、

大きく2つあります。

①湿度の高さ

②エアコンによる冷え

 

 

①湿度の高さ

人間は体内の水分量を皮膚からも調節しています。

湿度が高いと、これがうまくいかなくなり、だるさや疲労を感じる事が多くなります。

 

②エアコンによる冷え

気温の高い外界との気温差により、自律神経のバランスが狂い、だるさや疲労を感じる様になります。

また足元の冷えや冷気が直接当たることも影響します。

 

 

 

これらを改善するためには、

①まず悪循環から脱する事

筋肉の疲労をとっていきます。

 

②疲れがたまりにくい身体を作ること

負荷のかかりにくい姿勢を身体・筋肉に覚えさせ、

疲労がたまりにくく、抜けやすい身体をつくっていく

 

整体で筋肉の矯正を行うとともに、

疲れのたまりにくい姿勢をマスターし、

生活習慣も体にいいものへと寄せて行く事が必要です。

大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院

〒272-0133千葉県市川市行徳駅前1-5-1 メゾンドサンク106号