台風が過ぎ、日々は続きます。

こんにちは。

行徳整体院のモアです。

10月12日の台風19号が過ぎ、行徳、また私の住む江戸川区では

何事もなかったような日常が戻ってきました。

水害に遭われた被災地のニュースを見るたびに、心が痛みますが、

自分の今できる事を、精一杯することで、

私も社会の役に立ちたいと思います。

 

12日の台風の日、

皆さんは何を思いましたか?

江戸川区は、午前中から避難勧告が出され、

私は、大げさかもしれませんが、

「わたし、もしかして今日死ぬのかもしれないな。」

と思っていました。

意外と、「これをしておけばよかった。。」

というような後悔はなく

普段結構、ちゃんとしたいことをして生きていることがわかりました。

 

そして、台風の翌日、出勤すると、

行徳の町は、とても穏やかな、どこかほのぼのとした雰囲気がありました。

街を歩くカップルや家族は、手をつないでいる人が多かったです。

 

 

台風という経験を通して、

私は、日常のどの風景も、とてもありがたく、平和に感じます。

生かしてもらったこの命で、

今日からも、皆さんに元気と活力を与える為、

日々がんばっていこうと改めて思っています。

 

お身体がお辛い方は、

是非、ご連絡ください。