手首の痛み…TFCC損傷の手術をする前に

みなさんこんにちは。

行徳整体院の大澤です。

 

バトミントン、クライミングといった手首を使うスポーツや、

調理師など仕事柄手首への負担の大きい方で

手首の痛みを感じていたりしませんか?

 

特に運動時に小指側に痛みがでるものをTFCC損傷といい、

ドアノブを回す動作、小指側に手首を倒す動作で痛みが出ます。

日本語では、三角繊維軟骨複合体損傷といい、小指側の手首の部分の

靭帯を痛めているというものです。

 

先日、このような症状の患者さんがいらっしゃいました。

施術後、その日のうちに痛みがなくなりました。

ただ、仕事上毎日手首を使う為、ケアにその後も通って頂いています。

 

整形外科に行くと安静か手術の選択になりますが、

整体で痛みがなくなる可能性もありますので、

ぜひ一度足を運んで頂きたいと思います。

 

なにが痛みを引き起こしていたのか?

カイロプラクティックにはトリガーポイントという考え方があり、

ある筋肉が悪さをしていると、その部分ではなく離れたところに痛みを発生させるというものがあります。

今回は患者さんの肩周り、前腕の力をぬかせるとともに、

前腕の筋肉を緩めました。

 

もしかしたら、ただ肩こりや力が入りやすい体質であったことが

TFCC損傷に似た症状を引き起こしていたのかもしれません。

厳密にはTFCC損傷ではなかったのかもしれませんが、

同じような症状を引き起こしている場合に

筋肉を緩ませることが有効だとわかりました。

 

誰しも肩こりや筋肉の疲労は持ち合わせています。

手術に踏み切る前に、行徳整体院で筋肉を緩ませてみませんか?

大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院

〒272-0133千葉県市川市行徳駅前1-5-1 メゾンドサンク106号