下半身、足にかけて走る痛み…坐骨神経痛とは?

みなさんこんにちは。

行徳整体院の大澤です。

 

お尻から太もも、場合によっては足先まで走る痛みを

坐骨神経痛といいます。

坐骨神経痛と、

坐骨神経痛が整体で良くなるのかについて書いていきます。

 

坐骨神経痛とは

腰から足先にかけてはしる、太い神経を坐骨神経といいます。

これが

①筋肉の過度な緊張により圧迫をうける

②腰椎の疾患により圧迫をうける

と、痛みや痺れを発生させます。

 

 

筋肉の過度な緊張とは、

主には梨状筋の緊張によるものです。

坐骨神経がそもそも狭いところを通っているため、

梨状筋の緊張が続き硬くなると圧迫しはじめます。

 

 

腰椎の疾患とは、具体的には

・腰椎椎間板ヘルニア

・腰椎脊柱管狭窄症

・腰椎すべり症

・腰椎分離症

などにより、脊髄神経に圧迫をかけます。

 

 

 

整体で坐骨神経痛を改善できるのか?

梨状筋症候群の様な、筋肉の緊張による場合は

数回の治療により、筋肉をゆるめることで

多くの場合改善が見込めます。

 

一方、ヘルニアなど他の要因からなるものには効果が無いのかと言うと、

だれしも必ずしも100%ヘルニアなどにより、坐骨神経が出ているわけではなく、

梨状筋症候群などと併発している場合が多い為、

ある程度の効果は出ます。

 

ヘルニアなどの痛みにより、様々な筋肉が緊張し、

可動域制限が出ることで、痛みやコリにつながります。

併発した痛みを取るだけでも生活の向上に繋がりますので

ぜひ一度ご来院下さい。

大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院

〒272-0133千葉県市川市行徳駅前1-5-1 メゾンドサンク106号