ぎっくり腰を回避するには?日頃から気を付けるべき対策法

みなさんこんにちは。行徳整体院の大澤です。

遊ぶ予定の友達がくしゃみをした衝撃でぎっくり腰になりました。

 

冬はぎっくり腰が増える?

一気に冷え込んできましたね。

寒さにより筋肉が柔軟性を失ったこと、

また、年末のために仕事で荷物を動かしたり、

家で大掃除をすることが増えてくる時期です。

 

さて、工夫でどうにかぎっくり腰を回避する策を考えてみましょう。

 

 

足元にあるものを拾う時はしっかりかがむ

意外とできていない方、大変多くいらっしゃいます。

ちゃんと屈伸運動をして拾いましょう。

靴を並べるときにも、ふと腰に負荷をかける姿勢をとってはいませんか?

 直立で靴を並べるくらいならこっちのほうが身体的にはマシ

 

 

掃除機をかける時は背筋を伸ばす

上半身を起こした状態で掃除機をかけていますか?

日頃よくする動作を見直して、姿勢正しく行うことを心掛けましょう。

洗濯機から、洗濯ものを取り出すときは、片手をついて体重を分散させると腰への負担を軽減できます。

 

 

ぎっくり腰になったら放置せず、整体へ

それでもぎっくり腰になってしまった場合、疲労の蓄積が身体にあります。

身体をリセットする為にも、ぜひご来院下さい。

ぎっくり腰当日は十分に患部を冷やし、翌日以降のご来院をお勧めいたします。

 

大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院

〒272-0133千葉県市川市行徳駅前1-5-1 メゾンドサンク106号