テニス肘

みなさんこんにちは。行徳整体院の大澤です。

最近バトミントンを週一で始めました。

今回はテニス肘のお話です。

 

 

 

テニス肘は、人体の構造が予想しない強烈なねじれと加圧により発生します。

腱と骨の接合部分が繰り返し擦れ合って損傷し、炎症が起こるという病状です。

 

テニス肘のほとんどが

手の平をパーにして自分の顔の前に持ってきたとき、親指の真下の肘付近が痛くなります。

手をグーにして甲側に動かすときに使う筋肉で、最も弱い筋肉です。

ラケットを持っている状態で既に負担がかかっています。

長時間物を書く、車の運転でも使う筋肉です。

 

発生初期では、冷やし、動かさないようにすることが効果的です。

また、日頃からのストレッチとアイシングを心掛けましょう。

 

当院では、該当する筋肉を緩め、痛みの軽減をはかります。

加えて根本的解決を図るには

ねじりの動きを少なくするように

心掛けることが必要です。

 

 

 

 

#行徳 #整体 #行徳整体院 #腰痛 #頭痛 #ぎっくり腰
#骨盤矯正 #肩こり #猫背 #O脚

大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院

〒272-0133千葉県市川市行徳駅前1-5-1 メゾンドサンク106号