ぎっくり腰になったらどうする?

急性腰痛=ぎっくり腰=魔女の一撃などと

言われている、大変痛い腰痛。
行徳整体院にも多くの「ぎっくり腰」の方が

来院されますが、中には歩けない程の痛みに

襲われる方もいらっしゃいます。

歩けない程の痛みがある時は、とにかく安静にして

アイシングして下さい。

そして横になって足を曲げた状態でいると、痛みも軽減されます。

アイシングする理由として、「ぎっくり腰」をやってしまった時は、筋肉が炎症を起こし

骨の周りについている靭帯が軽微損傷している事がありますので

炎症をおこしている場所を冷やさなければなりません。

そして、1日過ぎても痛みがあると思いますが、動ける範囲で少しずつ

動いて下さい。この時コルセットを持っていたら使用して下さい。

 

どうして安静にしていたらいけないのか?

安静にし続けると、炎症を起こしてしまった筋肉の修復が遅れます。

体を動かすことで、血流を良くし痛んだ筋肉の修復を早めます。

そのため、痛み止めを飲んででも、動ける範囲で動いて下さい。
しかし、無理な動きはせず、あくまでも動ける範囲で!
私も「ぎっく腰」ではありませんが、スケートに行きまして

転んでしまい腰を強打し、まったく動けなくなったのですが

1日目はアイシングして安静にして、翌日からは仕事もあったので

コルセットをしながら、施術しました。

そのおかげで、約5日で完治いたしましたが

その間は寝返りをうつのも辛く、特に車に乗車する時の中腰は

物凄く痛く、また、痛みでトイレをするのも辛かったです。

安静にするのも必要ですが、安静し続けると治りを

遅くしてしまいます。

ぎっくり腰について詳しくはこちら

ぎっくり腰

この記事に関する関連記事