腰椎椎間板ヘルニアだから痛いの?

今日は、腰痛の中でも、腰椎椎間板ヘルニアに関連するお話です。
先日新しくご来院の方から

「1年前から右足にしびれがあります。まっすぐに立っているのが辛いです。
最近病院に行ったら、腰椎椎間板ヘルニアだと診断されました。」

と伝えられました。

腰椎椎間板ヘルニアでの痛みの方は、
足を真っすぐ上げると電気が走るような痛みが足先まで出てきます。

今回の方は、その検査ではまったく痛くなる様子がありませんでした。

わたしは、以下のように説明しました。

「皆さん、腰椎椎間板ヘルニアと診断されると、不安になるのですが、
そう診断を受けた人でも全く痛みが出ない人も沢山います。」

「今回の足のしびれは、椎間板ヘルニアが原因ではない可能性もあります。」

そう伝えて、下半身の筋肉の緊張度合いを確認しながら、施術しました。
骨盤のバランスも整えました。

施術が終わり、身体の様子を確認しました。

施術前には、立っているのが不安そうだったのに、すっと安心して立てる様になりました。
数日後に様子をうかがうと、右足のしびれはもうほとんど消えていました。

今回お伝えしたいのは、腰椎椎間板ヘルニアだと診断されたからといって、

それが腰痛や足のしびれの原因とは決して限らない、ということです。

とはいえ、自分で判断するのはなかなか難しいと思いますので、一人で悩まずご来院ください。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

この記事に関する関連記事