頭痛を出す原因となる筋肉は?

頭痛を出す原因となる筋肉についてご説明します。

以下のようなパターンで痛みが出る人がいます。

 

ストレスが重なる、または忙しく過ごしている。

デスクワークで、猫背の姿勢が続いている。

首が凝ってくる。特に首の前側が痛い。

放置する。

頭痛がする。

首から痛みが始まり、頭痛がするバターンです。

このときに、凝っている筋肉の名前、ご存知でしょうか?

『胸鎖乳突筋』

です。

胸鎖乳突筋は、鎖骨の上の方から、耳の下の首のあたりに伸びる筋肉です。
頭痛の原因になりやすい筋肉で、過度の緊張が続くと、

頭の横や目の周りを含む顔面に痛みが飛びます。(これを関連痛といいます。)

マッサージ屋さんでは、首の前側というのはなかなか対処してもらえません。
これは、大切な動脈が通っているセンシティブな部分だからかもしれません。

当院では、もちろん安全な方法で、この筋肉(胸鎖乳突筋)をしっかり緩めていきます。

一人でも多くの皆さんが、首こりや頭痛から解放されることを願っています。

頭痛について詳しくはこちら

頭痛

この記事に関する関連記事