顎の痛み

顎の痛みの原因は?

顎の痛み(顎関節症)の原因に「顎に癖」がついていることが多いです。顎の癖をとらないと、顎関節症は治りにくく、一時的に治っても癖が残っている場合は再発してしまう可能性が高いです。
下記に当てはまるような癖がないかチェックしてみて下さい。

  1. 物を食べる時に片方(噛み易い方)だけで噛む。
  2. 頬杖をついてテレビを見る。
  3. 顔をまっすぐ向けずに食事をする。
  4. 顎と肩で電話をはさむ。
  5. 日中でも歯をくいしばることが多い。
  6. 歯ぎしりをしていると言われたことがある。
  7. 姿勢が悪い。

上記の癖が2つ以上ある方は、顎関節症になりやすい方です。
他にも、噛み合わせの悪さ・精神的ストレス・外傷・病気(リウマチや不眠症など)で顎関節症になります。

当院の対処法

当院では、癖のついた首・顎・頭まわりの筋肉の緊張を緩め、頚椎の骨を調整することで
顎の痛みやクラック音を軽減させていきます。
また、ご自宅でできる簡単な顎の体操も指導していきます。

顎の痛みに関する関連記事