産後の矯正

みなさんこんにちは。
行徳整体院の大澤です。
今日は産後の矯正のお話です。

 

■ 妊娠中は身体のバランスが変わっている

そもそも、妊娠中に骨盤はどのようになるのでしょうか。
お腹が大きくなってくると、重さにつられて骨盤が前に引っ張られます。
骨盤が前に傾き、股関節が内旋、前重心になります。
この姿勢は腹直筋・臀筋に力が入りにくく、お腹・お尻のたるみや筋力低下の原因になります。
このままの姿勢で何カ月も過ごすことになります。

■ 骨盤の緩み、歪み

出産に備えリラキシンというホルモンが分泌されると、骨盤周りの筋肉や靭帯が緩んできます
緩んだ骨盤に子宮や内臓の重さがかかると、
内側から外に押し広げる力が加わるので、骨盤が不安定になり、更にゆるみや歪みが生じます。
この時期に悪い姿勢を続けていたり、無理な負荷をかけ続けたりすると骨盤が歪む原因になります。
ちなみに出産時、最大で骨盤の後ろ側にある仙腸関節は数ミリ、前側の恥骨結合は数センチ開くと言われています。

 

■放っておいても産前の身体のバランスには戻らない!

本来、骨盤の前傾や開きは妊娠・出産に伴う一時的な変化です。
産後は徐々に元に戻……って欲しいのですが、実際にはそうはいきません。
骨盤周囲の筋肉が硬くなっていると、骨盤が筋肉に引っ張られ、本来の位置に戻れなくなります。 
妊娠中の安静、運動不足、疲労、長時間の抱っこなどが原因で、
ほとんどの方が股関節やお尻、腰の筋肉が固まっています。

 

■施術ではどんなことをするの?

骨盤をグイグイ締め付けるだけでは不十分です。
まずは骨盤に繋がるお尻、股関節、太腿、腰、お腹の筋肉を緩めていきます。
それだけでも骨盤はある程度正しい位置に戻りやすくなります。

その上で、戻りきらない歪みや開きは、実際に骨盤を動かしながら調整します。

産後は妊娠・出産時に硬くなった筋肉と緩んだ筋肉とでバランスが崩れやすい時期です。
骨盤が正しい位置にないと、ヒップやウエストのサイズが大きくなるだけでなく、
腰痛や股関節・お尻の痛み、さらには肩こりや首こりの原因にもなります。
骨盤矯正で体を整えると、体が楽になり
育児にも余裕が持てるようになります

 

当院では、産後・妊娠中の施術を行っております。

お気軽にお越しください。

骨盤矯正

大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院

〒272-0133千葉県市川市行徳駅前1-5-1 メゾンドサンク106号