坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経は、人間の神経の中で最も太い神経であり、腰から出て、お尻、ももの裏ふくらはぎを通って足先まで支配しています。
この走行にそって、臀部・太もも・ふくらはぎ・足の甲などに、痛みやしびれなどがあらわれ、さらに、筋力低下による歩行障害などを起こします。
デスクワークの多い方や車の運転手などの座ることが多い方は、筋肉の緊張が強まり坐骨神経を強く引っ張ることになり、症状を強くする原因となります。

当院の対処法

脚のストレッチ

当院では、神経圧迫の原因となる腰やお尻の筋肉に加えて、痛みの為に緊張して硬くなったももから足先までの筋肉を緩めていき、坐骨神経を圧迫しにくい姿勢、生活習慣のアドバイスをしていきます。筋力低下を起こしたお尻の筋肉を鍛えるような体操の指導も行い、症状を改善、予防していきます。