大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

TFCC損傷(手首小指側の痛み)

TFCC損傷の方が来院。

今日は、TFCC損傷についてです。

以前、TFCC損傷についてブログを書いた反響で、TFCC損傷の患者様が来院されるようになりました。
 

【参考URL】
title:TFCC損傷を治すには | 【松山市鴨川のしまもと整体院】
URL: http://www.shimamoto-seitai.com/?p=1330)
 


「松山にはいけないけど、行徳なら行ける!」という距離の方々で、少し遠方から時間をかけていらっしゃいます。
 

島本先生に教えてもらった通り、該当の筋肉「尺側手根伸筋」を集中的にほぐします。
 

また、筋肉の本を見てもらいながら、なぜ特定の手の動きをすると痛みがでるのかを説明しています。来院される方は、病院で「TFCC損傷だね。」と診断されているのですが、あまり説明を受けていない方が多いためです。
 

肝心の治療効果ですが、施術後に患者様の手首の動作確認をし、痛みの度合いを確認すると、「痛くありません!!」という結果となっています。

「少し痛みは残っているけど、以前より全然良いです!!」

という方もいました。
 

皆さん、少し遠方からいらっしゃるので、通院が難しいことも考慮して、セルフケアの方法もお伝えしています。
 

千葉、東京近辺でTFCC損傷にお悩みの方は、行徳整体院までどうぞお越しください。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
TFCC損傷(手首、小指側の痛み)を治す

今日は手首の痛み(特に小指側)についてです。
 

スポーツをする中で、手首を痛めてしまうことがあります。日常生活では痛くないのに、テニスやバトミントン、野球、ゴルフなど特定の動作をするスポーツをした際、またはバイオリンやピアノを弾いたときにだけ、手首の小指側が痛いという症状です。
 

あなたがこの症状であった場合には、「TFCC損傷」と呼ばれるものかもしれません。
 

TFCC損傷とは?

TFCC損傷は、三角繊維軟骨複合体の損傷と言われ、一般的には、軟部組織(靭帯や軟骨)の損傷と考えられています。そのため医者で「TFCC損傷」と診断された場合には、固定して安静にする、それでも痛みが取れなければ、手術といった手段が現在取られます。
 

先日、松山市でしまもと整体院を経営されている島本先生のTFCC損傷セミナーを受講しました。
 

【参考URL】
title:TFCC損傷を治すには | 【松山市鴨川のしまもと整体院】
URL: http://www.shimamoto-seitai.com/?p=1330)
 

島本先生のTFCC損傷に対するアプローチは、トリガーポイントセラピー、つまり筋肉に対するケアでした。

「ある特定の筋肉を緩めれば、TFCC損傷は改善する!」と多くの実績を元に自信を持って説明してくれたのが印象的でした。

セミナーでは具体的にどのように該当の筋肉を緩めるのかを教えていただきました。
 

痛みのもととなる筋肉はどれ?

痛みの原因となる筋肉は、「尺側手根伸筋」と呼ばれる筋肉です。トリガーポイントセラピーでいう関連痛が手首の小指側に発生します。

「手首の小指側が痛い」という方は、是非当院にお越しください。島本先生直伝の方法で、対処させていただきます。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

 

 


 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ