大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

TFCC損傷(手首、小指側の痛み)を治す

今日は手首の痛み(特に小指側)についてです。
 

スポーツをする中で、手首を痛めてしまうことがあります。日常生活では痛くないのに、テニスやバトミントン、野球、ゴルフなど特定の動作をするスポーツをした際、またはバイオリンやピアノを弾いたときにだけ、手首の小指側が痛いという症状です。
 

あなたがこの症状であった場合には、「TFCC損傷」と呼ばれるものかもしれません。
 

TFCC損傷とは?

TFCC損傷は、三角繊維軟骨複合体の損傷と言われ、一般的には、軟部組織(靭帯や軟骨)の損傷と考えられています。そのため医者で「TFCC損傷」と診断された場合には、固定して安静にする、それでも痛みが取れなければ、手術といった手段が現在取られます。
 

先日、松山市でしまもと整体院を経営されている島本先生のTFCC損傷セミナーを受講しました。
 

【参考URL】
title:TFCC損傷を治すには | 【松山市鴨川のしまもと整体院】
URL: http://www.shimamoto-seitai.com/?p=1330)
 

島本先生のTFCC損傷に対するアプローチは、トリガーポイントセラピー、つまり筋肉に対するケアでした。

「ある特定の筋肉を緩めれば、TFCC損傷は改善する!」と多くの実績を元に自信を持って説明してくれたのが印象的でした。

セミナーでは具体的にどのように該当の筋肉を緩めるのかを教えていただきました。
 

痛みのもととなる筋肉はどれ?

痛みの原因となる筋肉は、「尺側手根伸筋」と呼ばれる筋肉です。トリガーポイントセラピーでいう関連痛が手首の小指側に発生します。

「手首の小指側が痛い」という方は、是非当院にお越しください。島本先生直伝の方法で、対処させていただきます。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

 

 


 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ウイルスによる腰痛
ちょっと前に「ギックリ腰」の患者様が来院され

施術を行いました。

1回目の施術で普通に歩ける様になり、喜んで帰宅されたのですが

次回予約の二日後、また痛みがぶり返し酷い状態になっておられました。

話しを伺ってみると、翌日痛みが軽減したので一日中歩き回ったと・・・。

最初は無理をしすぎ、腰に負荷をかけすぎたのであろうと思い

前回同様、ギックリ腰の施術を行いました。

施術を行なうと、痛みも軽減し歩ける様になるのですが

完璧に痛みが取れる状態ではありません。

3回目の時も、痛みがほとんで改善されない状態で

4回目も同じ状態・・・・。

ギックリ腰であれば、4回の施術を行えば改善していくのですが

変化がみられない・・・何かおかしい・・・。

内臓疾患からくる痛みかもしれない・・・。

暫く期間をおいて来院され、お話しを伺ってみると

痛みはまだ改善されず、外科で検査をしてみたら

腰にウイルスが入り込んで痛みが軽減されないとのことでした。

抗生物質の薬を飲んでいるが、まだ痛みがあり、スッキリしない

状態でした。

腰にウイルスが入り込む??そんな事があるのか??

風邪も引いていないし、内臓疾患があるわけでもなく

何故腰にウイルスが・・・・。

未だに?が付く腰痛患者様でした。

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ


 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
頸椎ヘルニアの患者様
1ヶ月前、右肩甲骨の上部に痛みがでて

顔も天井を見る事ができない50代男性の患者様が

ご来院されました。

話を聞くと

①寝るのも辛く、2・3時間おきに痛みで起きてしまう
②デスクワークでPCを長く見れない
③腕にしびれ感あり
④痛みがない姿勢でも甲骨の上部にモヤモヤとした違和感がある等

最初に頸椎ヘルニアのテストを行ってみると陽性でした。

念のため、外科でCT/MRIの診察をしてもらい

状況確認をしてもらうことにしました。

外科受診後再度来院して頂き、結果を聞くとやはり

右側の頸椎ヘルニアでした。

その後、定期的に来院して頂き、現在では痛みはほぼ消失し

①~③迄の症状は改善されました。

その期間、約1ヶ月でした。

まだ、肩甲骨上部には違和感が残っているので

定期的に通われていますが、もうすぐ違和感はなくなると思います。



投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
体の痛みの悪循環について

今日は不調を訴える方が陥りやすい体の痛みや不調の悪循環の仕組みについてご説明します。


体のどこかが痛い方は、次のような悪循環に陥りやすいです。


痛みが出る
  ↓
筋肉が緊張する→筋肉の痛み、コリ、老廃物の蓄積→痛みの範囲が広がる
→痛みが出る→筋肉が緊張する
  ↓
関節の動きが悪くなる




上記の状態が改善されず、長期にわたり続いた場合には、自律神経系の不調が出てくる場合もあります。

当院の施術では、まず筋肉の緊張、コリ、痛みを取り除くことで、上記の悪循環の連鎖をストップします。同時に関節の動きを良くしていきます。
そうすることで、体を良い状態へとレベルアップさせていきます。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
心の健康とは?~アドラー心理学「共同体感覚」~

皆さん、こんにちは。

今日は、健康の話です。
健康というと「体の調子が良い」ことをまずは思い浮かべると思いますが、もうひとつ同じように大切な「心の健康」についてです。

「アドラー心理学」という心理学を最近勉強しています。その中で、とても自然に納得のいく答えがありましたので、ご紹介します。

次の図をまずはご覧ください。


 

アドラーさんは人が「幸せだ!」と感じるためには、「共同体感覚」が必要であると述べています。

シンプルに言うと、人は全体の一部であり、全体と共に生きているという感覚です。

この共同体感覚を感じるためには、4つの要素があります。
 

1つめ:自己受容感

自分が自分のことを受け入れている感覚です。ありのままの自分をそのままです。
 

2つめ:所属感

何かグループやコミュニティに所属している感覚です。家族や職場、趣味の仲間などですね。
 

3つめ:信頼感

誰かを安心して信頼している、信頼されている感覚です。
 

4つめ:貢献感

自分は社会に貢献している!という感覚です。仕事やボランティアなどで得られる感覚です。



上記にあげた要素が足りない場合には、心がモヤモヤとし、ハッピーになれず、要素がそろえばそろうほど、心にゆとりができ、精神的な健康を得ることができます。
 

今日は、「心の健康」についてでした。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
       
5
           
お問い合わせ