大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

気分で痛みの閾値が変わる?!
よい気分

今日は、「痛い」と感じる仕組みについてのお話です。

体のどこかが「痛い」と感じるのは、神経が脊髄を通って脳までたどり着いて、初めて人は「痛い!!」と感じます。

 

ひとつひとつの神経は、「オン」「オフ」のようにできていて、スイッチが入ると脳が痛いと感じます。

そのスイッチが入るレベルが「痛みの閾値」です。
 

レベル5が閾値の場合には、4.9までの痛みは痛くありません。
レベル9が閾値の場合には、8.9までの痛みは痛くありません。


この痛みの閾値は、実はそのときの精神状態でレベルが5になったり、10になったりします。

 

どんな時に痛みの閾値は変わるのでしょうか?

閾値を上げるきっかけ

-良い気分
-安心する
-なにかに夢中になる
-痛みの原因がわかる
 

痛みの閾値を下げるきっかけ

-イヤな気分
-不眠
-疲労
-痛みの原因が不明


つまり、疲れていたり、ストレスがあったりすると痛みをより強く感じ、楽しかったり、リラックスしているときには痛みをあまり感じないということです。


腰痛に例えれば、
その人が感じる「痛みの強さ」がそのまま「腰の悪さ」ではないということです。

「体が痛いなー」という時こそ、なにか楽しいことやリラックスできることを見つけて実行してみましょう。

今日は、人が感じる痛みの仕組みについてでした。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
姿勢改善-片側の腰だけが痛いのはなぜ?

前回の片側だけの肩こりに続き、今回は、「片側だけの腰痛」について事例を交えてご説明します。

先日、こんな患者様が飛び入りで来院されました。

「他のところで3週間前にマッサージを受けてから、左のおしりと腰の部分の痛みが取れないのです。」

まずは、患者様の骨盤のゆがみを確認しました。

すると、左足だけが短くなっており、骨盤のゆがみが確認できました。


 

そこで、骨盤矯正をして、脚の長さもそろえてから、施術に入りました。

その方は、30分しか時間がないとお急ぎだったのですが、
偏った筋肉の硬直を取り、ストレッチも入れながら、下半身のバランスを整えました。

施術が終わり、ゆっくり立ち上がったところ、
 

「あれ?!全然痛くない!!!!」

びっくりされていました。


なぜ片側の腰だけ痛くなるの?

上記の例のように、骨盤のバランスに左右差がある場合には、片方だけが痛い腰痛になることがあります。

腰の筋肉は、骨盤に付いています。
またモモの筋肉も骨盤についているため、片方だけ不自然に引っ張られた場合に痛みます。


 

当院では、まず骨盤のゆがみを確認し、左右差がある場合には、骨盤矯正を施してから、施術しています。

今日は、片側だけが痛い腰痛についてでした。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
姿勢改善-片方の肩だけがこるのはなぜ?

前回までのブログで様々なタイプの姿勢をご紹介してきました。

今日は実際の患者様の具体例から、骨盤のゆがみや体のアンバランスからくる肩こりについてご説明します。
 

「左の肩、首、肩甲骨が痛い」

と来院された患者様がいます。

確認すると確かに右肩はまったくこっていないのに、左肩周りは硬直していました。

身体全体のバランスや骨盤のゆがみを確認すると次のような状態でした。
 

- 右足が左足よりも短い(骨盤のゆがみ)
-右臀部の筋肉の過緊張
-左肩甲骨の硬直
-左肩、首のコリ
-左肩が上がっている


体のバランス


なぜ左肩だけがこるのか?

該当の患者様は、下半身の重心は、右に偏っていました。日頃から右足側に負荷が高い状態です。
下半身の重心が片方に偏ると、上半身はそれと反対側に負荷がかかりやすくなります。これは、身体を真ん中の位置に戻して、まっすぐバランスを取ろうとするためです。

この患者様の肩こりの対処では、下半身のゆがみやアンバランスな筋肉の過緊張も取っていく必要があります。

今日は、実際の体の姿勢からくる肩こりについてでした。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ


 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
姿勢改善-お腹が出る

今回は意外と多い悪い姿勢をひとつご紹介します。

お腹が前に出てしまう「出腹」型です。

立っている時に、お腹が前に出てしまう方、要注意です。
骨盤、お腹周りが前方移動してしまっています。
 

「出腹」型は何が良くないの?

お腹が前に移動してしまっている方は、以下の影響があります。

-モモの前側、ふくらはぎが張る
-腰痛になりやすい
-猫背になりやすい


緊張している筋肉のバランスを整え、骨盤矯正、猫背矯正などを取り入れていくと、出腹型も改善していきます。

出腹

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
姿勢改善-反り腰とは?

反り腰とは、「腰が過度に反った状態」です。目安としては、壁に背中をつけて立ったときに、腰の後ろにグーにした手が入るくらい反っている状態です。
 

反り腰の原因は?

人の体は、もともと前側に重みが偏りやすいです。そのため、運動不足などで筋肉のバランスが崩れると、お尻を突き出し、腰を反るという形で体の重心を後方にかけて、まっすぐな姿勢を保とうとします。

ハイヒールを履く
運動をあまりしない
猫背である

といった人に反り腰は起こりやすいです。
 

反り腰だと何が良くないの?

反り腰の人は、上半身の重みが腰や股関節に集中します。
そのため、腰痛の症状がでる人が多いです。


姿勢タイプ

当院では、正しい姿勢を楽に取ることができるように姿勢改善を実施しております。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
10
         
お問い合わせ