大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

マタニティ整体

妊娠中のS字カーブ
妊婦さん

妊娠中の悩みといえば、腰痛や肩こりといった痛みが増えてくることです。


その原因は、背骨のS字カーブにあります。

通常、背骨は歩いたときの地面からの衝撃を吸収するために、ゆるやかなS字を描いた形をしています。
 

しかし妊娠によりお腹が前にせり出してくると、重心が前にかかってしまうため、身体は前のめりにならないよう、腰を大きく後ろに反らせてバランスを保とうといます。
 

腰のカーブがきつくなると骨盤が前に傾いてしまいます。すると頭を支えきれず、再びバランスをとるために背骨が後ろに傾きます。
 

こうして、背骨のS字カーブは妊娠前よりきつくなるのです。
 

このほか身体をゆるめるホルモン、リラキシンの作用で産前より関節や靭帯がゆるんでいるため、姿勢が崩れやすくなっているのも、原因のひとつです。
 

腰や肩の筋肉にいつも以上の負荷がかかり、腰痛や肩こりを招くことになります。
 

背骨のS字カーブがきつくなるのは、妊娠している以上、仕方がないことです。

でもトラブルはできるだけケアしたいものですね。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
マタニティ整体とリラキシン
妊婦さん

当院では、妊娠して安定期に入られた女性を対象に、マタニティ整体をご提供しています。
妊娠中は、体はどんどん変化していき、腰痛や肩こりなど、体の不調も出てきやすくなります。


妊娠中に体が痛くなることがありますが、これには「リラキシン」というホルモンが関係しています。

リラキシンは、妊娠3ヶ月目くらいから、分泌されるようになるホルモンです。


リラキシンって何?

リラキシンは、赤ちゃんが産道をきちんと通り抜けられるように、周りの靭帯をゆるめる作用をするホルモンです。骨盤の真ん中にある、恥骨結合を緩めると言われています。



リラキシンが分泌されるとどういった影響があるの?

リラキシンの作用によって、靭帯で支える力が弱くなり、筋肉や関節への負荷が高くなります。

リラキシンは、恥骨結合だけでなく、体中の靭帯をゆるめる作用もあるため、腰、肩など痛みが出やすくなります。

ホルモンの影響だけでなく、お腹がだんだんと大きくなってくると、反り腰になるため、体に負荷が掛かってきます。妊娠中の心配事なんかも体の不調として出てくる場合もあります。



当院では、お母さんの健康を思いながら、お腹の赤ちゃんに配慮しながら、マタニティ整体を実施しています。

是非、当院までお越しください。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ




 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ