大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

アドラー心理学

~アドラ心理学より~『勇気づける』
勇気づける

今日は、治療院グループ内で、アドラー心理学の勉強会がありました。
復習もかねて、アドラー心理学の「勇気づける」とういことについてご説明したいと思います。



勇気づけには、2つのパターンがあります。
 

自分を勇気づける
他人を勇気づける


勇気づけとはどういう意味でしょうか。

仲間である。(共同体の一部)
能力がある。(困難を克服できる)
 

と感じられるように働きかけることであると、アドラーはいいます。


勇気づけにはどんな技術があるのでしょうか。

ありがとう
良い出し
共感、聴く
寛容
 

といった具合です。
 

ほめるのと、勇気づけはどう違うのでしょうか?

ほめる

できた時
条件付き
要求を満たしたとき
上下関係
評価的態度


勇気づける

出来なかった時も
無条件
常に
対等
共感的態度
 

☆ほめるのではなく、勇気づけるのが大切です。



相手がどう感じるかがポイント

勇気づけ「したつもり」になっていないか注意すること。
 

①関係性 - 誰に言われたのか
②言い方、態度、どんな感情で
③観察
④どう感じた?と聞く
 

勇気づけの伝え方

短く、シンプルなほうが相手の心に届きやすい。
説明が長くなるのは、自信がない場合が多い。

勇気づけるつもりが、アドバイスしてしまうことがある。
アドバイスするのは我慢する。



治療家として、患者さんを勇気づけられる存在でありたいと思います。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ