大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

関節

O脚の影響

日本人はO脚の人が多いと言われています。
O脚は、脚の形が悪いだけでなく、放置しておくと様々な他の問題を引き起こしてしまいます。




○膝の変形(変形性膝関節症)

膝には体重の3倍もの負担がかかる関節です。O脚になると膝の内側にかかる荷重が増大しますので、それが徐々に膝を変形させます。


○冷え性・むくみ

O脚になると、股関節や膝関節といった関節に負担がかかります。股関節にはソケイリンパ節、膝関節にはシツカリンパ節といった重要なリンパ節があり、O脚になるとその重要な2つのリンパ節の流れが阻害されることになります。
リンパ節の流れが阻害されると、むくみが生じます。
 

○腰痛

O脚になると腰痛(腰椎椎間板ヘルニア含む)が非常に多くなります。それは骨格のゆがみからくる筋緊張の増大や重心の移動といったことが起こるからです。


○下半身太り

O脚の人が下半身太りになりやすいのは、“贅肉が付きやすい”と“脂肪がつきやすい”という2つのことが同時に起こるからです。骨格がゆがむと本来の筋力を十分に発揮できなくなるので、それを量でカバーしようとします。



当院でもO脚矯正をしております。
気になる方は、是非ご来院ください。綺麗な脚になりますよ。



=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
肩関節

○肩関節はどこにつながっているの?

肩関節は、鎖骨を通じて胸鎖関節の位置で胸骨と接しています。したがって肩関節の動きは非常に大きく多方向です。

加えて、肩甲骨の動きなくしては、肩関節の動きはないといっても過言ではありません。

 

○肩甲骨と肩関節の動きの関係

たとえば肩関節が屈曲して外転するとき、肩甲骨は挙上、上方回旋および外転します。

また肩関節が内旋し水平屈曲するときには、肩甲骨は外転します。



○肩関節は不安定?

肩関節はあらゆる方向において大きな可動域をもっている反面、大変不安定な関節です。したがって脱臼などの障害がしばしば発生します。

一般的に大きな可動域をもつ関節は不安定で、より小さな可動域しかもたない関節は安定しています。




 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
肘関節の構造

今日は肘のお話です。

一体どんな構造をしているのでしょうか??


○肘関節はどういう構造をしているの?


ヒトの肘関節は、二の腕(=上腕)の骨と、肘から手首まで(=前腕)の骨との間にあり、「曲げる(屈曲)」と「伸展(伸ばす)」という一軸性の動きをする関節です。

ちょうつがいの開閉する様子に似ているので「蝶番関節」と呼びます。

ただ、前腕には骨が二本あり、親指側にある骨を橈骨(とうこつ)、小指側にある骨を尺骨(しゃっこつ)といいます。このうち、実際に上腕骨と連結して蝶番関節を作っているのは「尺骨」の方。

その証拠に、肘を曲げたときに一番尖っている先っちょ「肘頭(ちゅうとう)」の骨を触りながら手首側へたどって行くと、小指側にたどり着くと思います。尺骨は肘側が出っ張って肘頭を形成し、上腕骨のくぼみにはまり込むような形で蝶番関節を形成しています。

では橈骨は何のためにあるかというと、前腕をくるりとねじって「手のひらを返す」動きをするために存在しています。

橈骨は肘関節の部分で尺骨と連結し、尺骨の周りをくるりと回転するような「車軸関節」を構成しているのです。このように3つの骨で成り立っている肘関節も、他の関節と同様に、その周囲の靭帯や腱や筋肉でその安定性が保たれています。脚の関節のように常に体重がかかってしまうような関節ではないので、そこまで外力に対して頑丈にできているわけではありません。

にも関わらず、肘関節ってテニスやゴルフ、野球などのスポーツで酷使される部分なんですよね。したがって、いわゆるテニス肘、ゴルフ肘、野球肘といった整形外科系の異常が引き起こされることが多いのです。




 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ


 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ