大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

すべり症

すべり症の患者さま

 

image1image2

最近、79歳(女性)すべり症の患者さまがご来院されました。
腰の痛み、下肢のシビレがあり歩くのも辛いそうで、外出もできない状態だそうです。
すべり症を簡単に説明いたしますと、すべり症には、骨が後ろ側へずれてしまう"後方すべり"と、前にずれてしまう"前方すべり"がありますが、ほとんどは前方すべりです。
その原因によって、形成不全性すべり症、分離すべり症、変性すべり症、と大きく3つのタイプに分けられるのですが、今回の患者さまは、女性に多い変性すべり症でしたので、変性すべり症について説明しますね。
 この変性すべり症は閉経の頃(50~60歳くらい)にかけて多く発症します。このことから、女性ホルモンの影響や、女性ホルモンの減少による骨粗しょう症の進行によって、それまで支えられていた骨が支えられなくなって変性すべりが起こるのではないかと言われています。
また、年齢とともに膝や股関節が悪くなるのと同じように腰椎も変性して、ずれてきてしまうとも言われています。
ただし、詳しい原因はまだわかっていません。
このすべり症の治療は「保存療法」が一般的で、痛みが酷くなると「ブロック注射」最悪は「手術」になります。
しかし、すべり症と上手く付き合うには、外出時にコルセットし、適度に運動をしていれば、私生活も快適にすごせるんですよ。
痛みがあると、どうしても安静にしがちですが、体を動かさないと当然筋力も低下するので、さらに体が動かなくなってしまいます。
要するに「痛みの悪循環」に陥ってしまいます。
行徳整体院では「痛みの悪循環」に陥らないよう、筋緊張している箇所を弛緩させ、体操指導を行ないます。
本来なら、ずれている箇所をもとに戻せば痛みもなくなるんでしょうが、それは出来ないですね。すでにすべる道筋が出来ているのですから・・・・・。
今回来院された患者さまは外出好きなので、元気に歩けるよう施術してまいります。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ