大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

膝関節の痛み

膝の痛み

膝の痛みの原因は


様々ありますが

その一つに

大腿四頭筋のこりがあります。

大腿四頭筋とは

簡単にいうと太ももの前の筋肉の事です。

筋肉がこると

こりのある場所以外の場所にも痛みを飛ばします。

これを関連痛と呼び

こりが出来る場所によって

関連痛の飛び方も様々です。

太ももの前の筋肉にこりが出来ると

関連痛は膝に飛び易く

膝には原因はないけれども

膝が痛むという事になります。

痛む場所と痛みの原因のある場所が食い違う。

これが筋肉のこりによる関連痛の特徴です。

右上の図で説明しますと

×印の場所が、こりのある場所で

痛みの原因のある場所です。

そして赤くマッピングされている場所が

痛みの出る場所です。

赤いマッピングは膝にまで達していますね。

つまり膝が痛むという事です。

ですからこのケースでは

太ももの筋肉に出来たこりを

解除すれば膝の痛みがなくなるという事なのです。



=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚
骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
変形性関節症












軟骨や椎間板などの軟部組織がすり減って

骨同士がぶつかり合うと

骨同士が負けまいとして

ぶつかり合っている部分を補強するために

両者の骨が増殖して盛り上がってきます。

この盛り上がりを骨棘といいますが

骨棘によって関節は動かしづらくなり

痛みも伴います。

これを変形性関節症といいます。

整形外科の先生や、手技療法家などは

OA(オーエー)と呼んだりします。

Osteoarthrities(オステオアースライタス)略してOAです。

変形性関節症って言い辛いですからね。

OAは様々な関節に起こりますが

特に体重による負荷の大きい

股関節、膝関節、足関節に起こりやすいです。

OAは一度なってしまうと完全には治りませんから

予防の部分が大事になってきます。

言い換えると関節のクッションになってくれている

軟骨を長持ちさせることが大事です。

例えば姿勢や動作のアンバランスにより

関節にアンバランスな負荷がかかると

軟骨の特定の場所の減りが早まり

早い段階でOAとなります。

O脚などは典型例です。

O脚の成れの果てである膝関節のOAは

膝の内側の軟骨(内側半月板)が

すり減って無くなり、骨同士がぶつかって

出来上がったものです。

アンバランスな負荷が作り上げたものですね。

ですから繰り返しになりますが予防として重要な事は

アンバランスな姿勢、動作を避ける事。

例えばカイロプラクティックでは

施術だけでなく

この様な生活習慣で気をつけるべき点なども

お教えしていきます。

OAの予防にもカイロプラクティックは非常に有効です。

是非とも取り入れてみてはいかがでしょうか?


=====================

東西線 行徳駅から徒歩2分

南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院

行徳整体院

============================

千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です

肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ