大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

体の痛み

痛みに対する考え方の大切なポイント
安心

今日は、とても大切なテーマを扱います。

今日のテーマは、「痛みに対する考え方」についてです。

体に痛みがあると、「なんとか早く治したい!」と思いませんか?そのために整体だって通うし、運動だってするし、ストレッチだってがんばる。

そんな頑張り屋さんの皆さんに、治るための大切な考え方のポイントをお伝えします。


痛いという感覚は、体の神経から脳に伝達されて初めて痛いと感じます。そのため、あなたの痛みに対する考え方のクセが痛みの度合いや頻度に大きく影響します。

難しい説明は省きますが、大切なポイントはシンプルです。

 

ポイント①「安心・希望が回復のカギ」

人は不安になればなるほど、痛みを大きく感じます。
この痛みはずっと治らないのだろうか、、と心配すればするほど、痛みは取れづらくなります。
「大丈夫!私はきっと良くなるわ!!」という前向きな気持ちが大切です。
 

ポイント②「症状があっても前向き・楽観的に」

痛みがあると、どうしても痛いということに意識が向きます。
以前よりは痛みは引いているのに、「まだまだ痛い」と気になります。
それよりも、

「先週は1日中痛かったけど、今は寝起きに痛いだけ。
段々良くなってきてるな!」

とか、

「腰はまだ痛いけど、歩けない訳でもないし、オレは健康体!」

というようにプラスの面に目を向けましょう。
 

ポイント③「笑う、楽しむなどストレス対策を実行」

笑ったり、楽しんだり、といった感情は痛みを軽減させます。
多少痛みがあっても、楽しいお出かけや、友人とのおしゃべりなど、自分が楽しいと思うことをどんどんしていきましょう。
それが痛みをとる為にも近道です。


是非今日から実行してみてくださいね。
効き目バツグンですよ。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
痛みが出やすい時期ってあるの?
行徳整体院にご来院される患者様によく聞かれるのですが

痛みが出やすい時期はあるのでしょうか?

私も患者様を施術してきて10年以上経ちましたが

痛みが出やすい時期はあると思います。

皆さんはいつ頃だとおもいますか?

とくに急性的な痛みが出やすい時期は

6月・7月・8月は大変多くなります。

何故でしょうか?

暑くなる時期なのに!

答えは仕事(デスクワーク)をされている方は

エアコンで何時間も体を冷やされてしまうからなんです。

自宅にいてもエアコンで体を冷やして、食べ物・飲み物(冷たいもの)で

胃腸系を冷やし、体は冷え冷え状態になっており

疲れが抜けない状態になっています。

そんな状態の時に、無理な体勢をとった時に「ギックリ腰」に

なってしまったり、急性の痛みが体のあちこち出てしまったり

してしまうんですね!

なので、冷え切った体を「シャワー」だけで済ませたり

冷たい食事ばっかり食べるのではなく、夏こそ「湯船につかり」

暖かい食事も摂って下さいね。



=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
肩コリで何もしたくなかった女性患者さん
女子かい

肩こりでお悩みの皆さんに今日は一つ事例をご紹介します。

30代前半の女性の患者様が肩こりを治したいと、当院にやってきました。

仕事が忙しく、残業続き、そんな状態が何年も続いているとのことでした。

「お休みの日は何をされていますか?」

と聞くと、

「疲れすぎていて、何もする気になれません・・。家にいます。」

とのことでした。

まだまだお若いのに、表情もとても疲れていて血行が悪いのも気になりました。
 

「○○さん、肩こりなんてさっさと良くして、もっと楽しく過ごせるようにしましょう!!」
 

とお伝えすると、とてもそうしたいとのことで、集中治療をすることになりました。
 

当院の集中治療では、2,3週間の間に6回通ってもらっています。

その間に、体をどんどん良い状態に持っていきます。

この女性患者さんは、忙しい中、がんばって時間を調整して、通ってくれました。

お伝えした肩こりの体操も、自宅で毎日実施しました。
 

そして今は、お休みの日には友達とお出かけしたり、趣味の時間をエンジョイしています。

表情も明るく、顔色もとてもよくなりました。



私達整体師の仕事は、腰痛や肩こりなど痛みを取るのが主な役目ではありますが、
その先にある、患者さんの生活がもっと楽しくなること、
したかったことができるようになること、痛みから解放されて人生が楽しくなってくることを願って、日々施術させていただいています。

人生をもっと楽しくするきっかけに、「整体」というのもありますよ、というわけです。


当院ではいつでもご来院をお待ちしております。
お気軽にご連絡くださいね。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
疲れやすい体と食事の関係
ジャンクフード

皆さん、こんにちは。今日は体の疲れやすさと食事についてです。
 

動いても動いても元気な体、
休んでも休んでも疲れが取れない体、
 

一体なにが違うのでしょうか。
もちろん体の状態、心の状態、日々の忙しさ、たくさんの要素が関係しますが、
今日注目するのは「食事」です。
 

忙しい皆さん、こんな食事になっていませんか?
 

「疲れたから、甘いスイーツでエネルギーチャージ!」
「今日は腹ペコだからお昼はパスタだ!」
「自炊なんて面倒だから、今晩はカップラーメン!」
「小腹が空いたから、ポテトチップス!」
 

上記のようなスタイルの食事は、糖質が多いのは一目瞭然ですね。
いわゆるジャンクフードを食べ続けると体は疲れやすくなります。
砂糖が沢山入った食事もカルシウムとビタミンB1を体から奪い、疲れやすい体が出来上がります。
 

困ったことに、上記のような食べ物は、依存性もあり、食べれば食べるほどもっと欲しくなります。
 

勇気と決意を持って、上記のようなジャンクフードを断ち切ってみましょう。
まったく食べるなとは言いません。食事は楽しみの一つでもあります。
でももし日常的に毎日のように乱れた食生活の方は、なにか一つでもいいです、悪い食習慣を止めてみて下さい。
 

きっと体に変化が訪れますよ!

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
痛みの出るタイミング
痛みのある女性

皆さんは、体のどこかが痛いとき、どのようなタイミングで痛いのかを気にかけていますか?

特に整体院に初めてくる患者様の施術時では、痛みの出る場面や要素をお伝えいただくことが、治療のための有効な情報となります。

今日は、どういった種類の痛み方があるのか、改めてご紹介します。


①寒いと痛い「寒冷時痛」

神経痛の場合には、寒いと痛いというケースが多くなります。
この場合には、温めれば痛みが改善される場合が多いです。
 

②起きると痛い「起床時痛」

朝起きるときに痛いのが「起床時痛」です。
寝ている時に筋肉などが固まって動かそうとして痛みます。
車のエンジンをアイドリングさせるように、少し体を温めてから起きるようにすると良いでしょう。
 

③同じ姿勢を続けると痛い「続行痛」
長時間同じ姿勢を続けることで出る痛みが「続行痛」です。
作業の仕方や姿勢を変えるなどして、痛いところを休ませると良くなることが多くなります。
 

④「天候不順痛」
雨の日や湿度の高い日に痛みが出るのが「天候不順痛」です。
 

⑤「安静時痛」
安静にしていても痛いのが「安静時痛」です。
全身性の病気や心因性などからくるものは、安静にしていても痛みがあります。
 

⑥「夜間痛」
痛みで目が覚める、寝れないのが「夜間痛」です。
五十肩や、内臓疾患、変形性股関節症などが考えられます。
夜間痛の痛みがひどい場合には、病院に行くことをお勧めします。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

 

 

 



 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1
     
お問い合わせ