大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

胸郭出口症候群

胸郭出口症候群
〇胸郭出口症候群になりやすい人〇

胸郭出口は左図のように、鎖骨と一番上の肋骨の

間にある隙間のことをいいます。

この図でもわかるように、この隙間には神経や動脈

静脈が通っています。

胸郭出口症候群とは、この隙間がなんならの原因で

狭くなってきて、そこを通っている神経や血管を圧迫するために、肩や腕に様々な症状がでます。

20~30歳代の女性に多く、また、教師や美容師など、腕を上げた状態で仕事をすることが多い

人によくみられます。

症状で多いのは、「腕から手にかけてのしびれ」や「腕のだるさ」があり、手を上にあげると痛みが

おこるという特徴があります。

この、胸郭出口症候群を知らない方は、四十肩・五十肩と間違うこともありますよ。

胸郭出口症候群の検査法として「ルース・テスト」というものがあります。

両肘を90度曲げ、腕を90度外側(外に開く)に3分間あげます。

手や指などにシビレや、1分ぐらいしか腕を上げられない場合は胸郭出口症候群の

疑いあります。

行徳整体院では、悪さをしている、前斜角筋・中斜角筋・小胸筋・鎖骨下筋などに

アプローチし圧迫している筋肉を弛緩させ緩和させていきます。

また、姿勢も関係してくるので、体操やストレッチなども行なってまいります。




=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚
骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
肩こり類似疾患②

 

肩こりに類似する疾患に胸郭出口症候群があります。

胸郭出口とは、鎖骨と第1肋骨(1番上にある肋骨)の間の事で

ここには血管、神経が通っていて

胸郭出口が狭くなると

痺れが出たり、肩こりに似た症状が出たりします。

これが胸郭出口症候群です。

なで肩の女性に多く見られます。

その1つの要因としては、頚椎と第1肋骨に付着する斜角筋の疲れがあります。

斜角筋が疲れて短縮すると第1肋骨が引っ張り上げられて

胸郭出口が狭くなり、胸郭出口症候群となります。

これを予防するには、普段から斜角筋を良く伸ばしてあげる事が大切です。

斜角筋のストレッチは実は簡単!首を横に倒すだけ。

右に倒せば左の斜角筋が伸び、左に倒せば右の斜角筋が伸びます。

注意点は、首の筋力を使わずに、脱力して、頭の重みだけで倒す事と

首を倒す時に、反対側の肩が上がらない様にする事です。

例えば、首を右に倒す時に右手で左の肩を押さえておくと良いでしょう。

手の痺れを伴う様な肩こりがある方は、是非一度お試し下さい。

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
お問い合わせ