大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

安全な腰痛と危険な腰痛の違い

こんにちは!
今日は、腰痛についてのお話です。

当院にくる患者さんも腰痛を抱える人が多いですが、大抵は、筋肉を和らげ、適切な体操を継続することで、どんどん良くなっていきます。

そのため、あなたが今、もし腰痛で気分が落ち込んでいても、大丈夫です。
ケアをすれば良くなります。

しかし、腰痛の中では、危険な腰痛もごく一部存在します。

今日は、安全な腰痛と危険な腰痛の見分け方です。


危険な腰痛とは?

危険な腰痛は、次のような腰痛です。
 

脊椎系疾患

・椎体圧迫骨折
・馬尾症候群
・悪性腫瘍(がん)
・脊椎感染症
 

内臓系疾患

・泌尿器系疾患
・胃・十二指腸腫瘍

などが挙げられます。
 

レッドフラグとしては

・20歳未満、または50歳以上で、今まで腰痛になったことがないのに、急に痛みだすとき
・時間帯や活動性に関係がないもの(寝起きが痛い、夕方に痛みが強い、運動後などに関係なく)
・発熱
 

危険な腰痛の体の感じ方

・がまんができないほど痛い
・安静時でも痛い、夜間も痛い
・熱感がある

という風に感じます。
 

上記のような条件に当てはまる場合、あまり時間を待たずに一度お医者さんに行きましょう。

それ以外の場合の人の腰痛は、そのほとんどが足や腰周辺の筋肉の緊張によるものや、日常生活でのストレスが痛みとして現れてきたものです。

それがつまり安全な腰痛です。

今日は、危険な腰痛と安全な腰痛についてでした。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩3分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 (2017年11月 2日 10:31) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ 047-396-6497