大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

"太もも" を形成する4つの筋

大腿四頭筋とは、膝関節の伸展作用をもつ中間広筋、内側広筋、外側広筋、大腿直筋の総称です。

大腿直筋のみ股関節と膝関節をまたぐ二関節筋であり、脚を前に振る動き(股関節屈曲)も併せ持っています。


中間広筋や外側広筋など、大きい筋が集まっているため、複合筋(ひとまとまりの筋群)としては人体で最大の体積をもちます。
(筋単体としては大殿筋が最大です。)

膝を伸ばす力によって上体を持ち上げる立ち上がり動作や歩行動作、ランニングなど日常生活からスポーツまで、あらゆる動きで使われる重要な筋群です。

 

中間広筋 - 大腿四頭筋①

太もも前部の深層にある強力な筋です。

膝を伸ばす動き(膝関節伸展)に働きます。

太ももの全面から起始し、膝蓋骨(膝の皿)を介して、膝蓋腱(膝蓋靭帯)につながり、脛骨に停止します。

 

内側広筋 - 大腿四頭筋②

太もも全部の内側にある筋です。
膝を伸ばす動き、そして特に膝下やつま先を外側に捻った状態では貢献度が高くなります。

 

外側広筋 - 大腿四頭筋③

太もも前部の外側にある大腿四頭筋最大の筋です。

膝を伸ばす動き(膝関節伸展)があり、特に膝下やつま先を内側に捻った状態では貢献度高くなります。

 

大腿直筋 -大腿四頭筋④

大腿四頭筋の中心にある筋で、唯一の二関節筋です。

起始部が大腿骨でなく、骨盤にあるため、膝関節伸展とともに股関節屈曲の動きにも働きます。

広筋群より瞬発的な動きへの貢献が高いです。

起始:腸骨の下前腸骨棘

停止:脛骨粗面と膝蓋骨の上縁





=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 (2015年6月 6日 14:56) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ 047-396-6497