大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

姿勢や歩行に重要な筋肉-大腿筋膜張筋

今日ご紹介するのは大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)です。

先日お伝えした大殿筋や中殿筋、小殿筋に比べると、少しマイナーな筋肉ですが、姿勢や歩行に関しては、大切な役割を担ってくれています。
 

○どこにある筋肉なの?

起始は、上前腸骨棘(骨盤の前側のでっぱりの部分)で、停止は、腸脛靭帯を介して、脛骨外側顆の下方につきます。

 

○どんな動作で使用するの?

歩行時や走行動作で足を前方に振る(股関節屈曲)動き。
またランニングやダッシュ。ウォーキングなど、まっすぐ進行方向へ脚を振る動きに貢献します。

股関節の外転、屈曲、内旋の動作をします。

 

○大腿筋膜張筋が痛い?

「股関節の付け根が痛い」または「骨盤の前が痛い」というときはありませんか?例えばバレーダンサーは脚を横に大きく開きますが(股関節の外転)、この大腿筋膜張筋がこっていることがあります。
また、股関節痛がある方が、日常で足が重だるくなった時に、ほとんどの方が拳を作って叩くのが「大腿筋膜張筋」です。



=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
 

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 (2015年6月25日 11:42) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ 047-396-6497