大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

お腹の筋肉と腰痛の関係

腰痛の原因は、腰だけにあるのではありません。

腰痛の原因のひとつに、腹部の筋の硬さがあります。これらの筋肉に硬さがあると、腰に痛みが生じます。

関連痛といって、「腰に原因がないのに、腰が痛い!!」のです。

したがって、腰を治療してもなかなか良くならない腰痛のお持ちの方は、一度、腹部の筋肉の硬さを確認しましょう。


また、腰痛対策として鍛えるべき筋肉は立てに伸びる『腹直筋』ではなく、『腹横筋』と言うお腹の側面にある筋肉(深層筋)です。

腹横筋は、肋骨や骨盤にも繋がっていて、腰周辺を包み込むようにして脊椎(背骨)をしっかり支えてくれる筋肉で、「コルセットみたいな働きをする筋肉」と表現されます。

コルセットを付けると、お腹や腰が締め付けられて姿勢が良くなり、腰が安定しませんか?それと同じ働きをする筋肉で、腰痛対策にはとても大切です。

この腹横筋が弱ってしまう、腰がとても不安定な状態になりますので、それを避ける為に、他の筋肉が腹横筋の代役として働きます。

代役する筋肉は本来の働きに加え、腹横筋がするべき働きも担うので、大きな負担が掛かり、その悪循環が腰周辺の他の筋肉を疲労させ腰痛を発症します。特に、ぎっくり腰をよく起こす方は腹横筋が弱っている方が多いです。

 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 (2015年5月14日 14:48) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ 047-396-6497