大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

腱と靭帯の違い

             靭帯                       腱

image1image2

皆様、腱と靭帯の違いってご存知ですか?

意外と知らないと思うのですがどうでしょうか?

簡単に説明いたしますと、靭帯は骨と骨を結合させているもので

は筋肉を骨と結合させています。

皆様も良くご存知「アキレス腱」がそうですね。

また、靭帯や腱は関節部に多く存在していますので

手・足の関節には非常に多くの靭帯や腱があるんです。

靭帯が損傷すると、これもよくご存知「捻挫(ねんざ)となります。 

捻挫とは関節を「捻り挫く(ねじりくじく)」事をいいまして

靭帯及び軟部組織を損傷した状態を指します。

ぎっくり腰やムチウチなども、それぞれ腰椎・頚椎捻挫を

起こしている状態です。(他原因もあり)

そして、捻挫より酷い症状が脱臼・亜脱臼と呼ばれます。

亜脱臼は靭帯が損傷し、関節面が一部接触を保っている状態で

脱臼は関節面の接触が全く失われている状態です。

また、突き指も指における捻挫の一種ですね。


 

=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚

骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ

投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 (2013年11月 3日 14:42) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ