大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院
HOME>健康ブログ

健康ブログ

バセドウ病

ホルモンの分泌異常

に起因する病気に


バセドウ病があります。

甲状腺は全身の

新陳代謝を高める

甲状腺ホルモンを分泌しますが

バセドウ病はこの甲状腺ホルモンの分泌が

過剰になる病気です。

通常、下垂体から甲状腺刺激ホルモンのTSHが分泌され

甲状腺刺激ホルモン受容体のTSHレセプターが

TSHを受け取ると甲状腺ホルモンが分泌されます。

例えるとTSHは甲状腺に

甲状腺ホルモンを分泌させる為

下垂体から送られた令状。

TSHレセプターは甲状腺のポストです。

甲状腺のポストに下垂体からの令状が投函されると

甲状腺は甲状腺ホルモンを分泌させ

全身の新陳代謝を促します。

さて、この甲状腺のポスト(TSHレセプター)に対して

自己抗体が出来て刺激すると

まちがって甲状腺ホルモンが分泌されてしまい

過剰分泌となります。

下垂体から送られる令状(TSH)以外の令状(自己抗体)が

甲状腺のポストに投函されてしまうという事ですね。

結果、甲状腺は甲状腺ホルモンをじゃんじゃん分泌します。

すると全身の新陳代謝が加速され

体の各器官はフル稼働の状態になり

精神的にも身体的にも早送りの状態になります。

それにより心身ともに疲れやすくなり

新陳代謝が異常に上がっているので

食べても太りにくく

異常に暑がりになり

特徴的な眼球突出や

手の震えなどの症状が見られます。

どこか更年期障害と似ている為

鑑別が重要ですね。

治療は、甲状腺ホルモンの濃度を正常に保つ為の

薬物療法や

甲状腺の一部を切除する手術療法などがあります。

いずれにせよ適切な治療によって

予後は良好(治療後再発しにくい)ですので

早めの検査が大事ですね。


=====================
東西線 行徳駅から徒歩2分
南行徳 妙典 原木中山 江戸川区からも来院
行徳整体院
============================
千葉県市川市行徳の整体・カイロプラクティック【行徳整体院】です
肩こり 腰痛 ぎっくり腰 寝違え 手足のしびれ 冷え性 O脚
骨盤矯正 坐骨神経痛 頭痛などでお悩みの方は【行徳整体院】へ
投稿者 大川カイロプラクティックセンター 行徳整体院 (2013年3月21日 13:39) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL : 

お問い合わせ